がんだすべきたち

tiaraway.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

何故、なにゆえにもう1月の末なのだ?

3日前の牛肉て大丈夫?

食べますけどね

半額品て見つけると嬉しいよね、幸せだね

時間とか考えずにたまたまその時間帯だったてときには

ラッキーてなもんで、とりあえず買うね

悪い癖だー

私はいつも周囲に踊らされているなぁー

今日の一枚
メドレーから抽出して単品にしたもの(がっこで話してたアレ)
榊原ゆい「もっと、夢、見よう!!」
3:09~3:23間のゆいにゃんのセリフに一発でやられた
おもわずメドレーから抽出とかしてしまったよ
これのCDて売ってるのか?
売ってた
[PR]
by go_tiaraway | 2008-01-27 00:00 | 駄文

前回(1)とか、続き物のていをみせたけど恥ずかしいので続きません

ちょっとだけ言いたいこと書くとこうなる
インターネットのおかげで深夜アニメを見るという行為は気軽に行える、合法・違法問わず
そのため、原作からアニメに人が流れるというより、
アニメから原作に人が流れるという状態になっていないだろうか?
これはメディアミックスの狙い通りというものだが・・・
アニメ化された作品に注目が集中しブームは作りやすい、
一方でアニメ化されない作品は埋もれていくのか・・・?、て思ったのですよ

今日の一枚
ガチ曲メドレー アニソン50曲+2 別名:神曲メドレー
レポートなり試験勉強なりESなりみなさんしっかり作業しましょう
[PR]
by go_tiaraway | 2008-01-23 00:00 | 駄文

今、メディアミックスて何だろう・・・(1)オタクは大衆なのかニッチな存在なのか?

メディアミックス

以下、フリー百科事典Wikipediaより抜粋
先駆け
 日本においては、角川書店が1970年代において、自社発行書籍(小説作品)の映画化を行い、その原作作品を売り込むことにより業績を伸ばした事で注目された広告手法
現在
 元々一つのメディアでしか表現されていなかった作品(原作)を、小説、漫画、アニメ、ゲーム(コンピューターゲーム)、音楽CD、テレビドラマ、映画、タレント、キャラクターグッズ販売などを通じて、作品を複数の観点から描く手段として、メディアミックスが用いられることもある
 2006年においては、大抵の作品が「何らかのメディアミックス展開」を導入しており、2ジャンル程度のメディアミックスでは、大衆の関心を引くことは難しくなってきている。そのため、手間やコスト負担が増して、メディアミックス自体の費用対効果にも、疑問を持つ企業が出てきており、「新たなメディア展開」を考えるべき時期にさしかかっている
(抜粋終わり)

メディアミックスの目的
・大衆(オタク)に認知させ売り上げを伸ばす(=パイを増やす)
・メディア全体で一つの作品を完成させる(=信者と書いて儲と読むキン)
これを前提に以後話を続ける

 ネットラジオが多い。以前は新番組が始まればチェックしていたのですが、最近は多すぎてやってません。新アニメ=新ラジオは過剰供給。ラジオから番組(アニメ)に興味を持って視聴する(作品を絞る)というルートが使えない。私のような声オタはラジオは聴くが番組本編は見ていないという、のが多い。作品の認知には成功しているが売り上げには繋がっていない。そもそも聴く聴かないは作品の良し悪しではなく中の人次第である。
 ただ、ラジオが話題になると別のビジネスチャンスが生まれる。「うたわれるもの」や「君が望む永遠」のラジオが例。ただし、質は違う。前者はネットを通じて無差別にファンを増やした、まるでバブル。後者はほぼ古参向け、固定ファンが対象だと思われる。どちらも18禁PCゲームが原作というのが面白い。コンシューマー移植、アニメ化、OVA、大規模なイベント(パシフィコ横浜クラス)、似たような展開だ。
 大抵、コンシューマー移植、アニメ化、ラジオ、漫画は同時進行で展開される。当たり前のようにされているが実際儲かっているのか?たしかに、昨今オタク層は増えている(コミケ参加数の増加から勝手に判断)。大衆認知には成功しているだろう。だが多くはアニメ、ラジオが無料のコンテンツだから食いついているわけである。DVDを購入する層というのは、そうそう増えていないはずだ。そこまでいくには時間がかかる。
 原作のアニメ化を中心にメディアミックス展開されるが、アニメの供給過多だとか深夜アニメのビジネスモデルの崩壊とかにわかに言われている。・・・・・・と、ここまできて何を言いたいのかわからなくなったので唐突にしめます。
 たぶん、疲れたんだと思う。ラジオひとつとってもあまりに多い。業界全体が取るメディアミックス戦略についていけなくなっている。私はそろそろ、作品、役者、監督、・・・etc、一つの何かに入れ込んで応援する次元にきた。全部を等しく愛せない。

今日の一枚
台湾のTVゲーム紹介番組中の一つコーナー「萌えとは?」
先生、わかりません。ぜひ教えてください。
[PR]
by go_tiaraway | 2008-01-18 00:00 | 駄文

ミスするてことは成長の余地があるてことですよね?

あーーーー、人生やり直したい

いろいろダメな自分に嫌気さして来た

自分の全てが否定される、その結果を見せ付けられるのがつらい

時が流れるの早すぎやしませんか?

今日の一枚
キスで止まってすぐ死なす ~ 狂気の頭突き姫(ver.2)
とりあえず死にます
[PR]
by go_tiaraway | 2008-01-15 00:00 | 駄文

ボールペンとメモ帳は持ち歩くと便利

ある時期から私はA7サイズのメモ帳を持ち歩くようにしています
新聞や小説や漫画などから気になるフレーズがあればすぐにメモ
今は3冊目です
それで、過去のメモ帳を眺めていたらこんな言葉が、

「絵を描き始めたきっかけより、
 絵を描き続ける理由の方がずっと大事である」


おそらくは村上隆の『芸術企業論』に書かれていた言葉
何事もそうだけど続けられる理由というのは相当なものだと思う
休載が長いのは、もう続ける理由がないからだろうか?
もう一度噛みしめようと思う


私は一度描くことを捨てたけど、あるきっかけでもう一度拾い上げることができた
だから、これからも時間が許す限り描き続ける。


今日の一枚
[MAD]あかね色に染まる坂
なんかめちゃくちゃ感動するゲームみたいになってる!!これはMAD詐欺だああああっ
[PR]
by go_tiaraway | 2008-01-13 00:00 | 駄文

今年一発目

こんにちは、ごぶさたです
新年早々10日たちましたが調子はどうでしょうか?
私は痔です

唐突に新年の抱負をば
1、就職
2、漫画投稿
3、コミケサークル参加

こんな感じで~す


週刊文春に70年代漫画家列伝とかいうすばらしい記事がありましたので抜粋
作者名/代表作(敬称略)
ちばてつや「あしたのジョー」
矢口高雄「釣りキチ三平」
永井豪「マジンガーZ」
池沢さとし「サーキットの狼」
吉沢やすみ「ど根性ガエル」
池田理代子「ベルサイユのばら」
楳図かずお「まことちゃん」
庄司陽子「生徒諸君!」
浦野千賀子「アタックNo.1」
影丸穣也「空手バカ一代」
古賀新一「エコエコアザラク」
中島徳博「アストロ球団」
すがやみつる「ゲームセンターあらし」
川崎のぼる「巨人の星」

これらの作品のいったいいくつを読んだことありますか?
私は恥ずかしながらゼロ、適当に流し読みしたものでもたったの4つです
むしろ全く知らない作品が大多数です
可愛そうなことに、ゆとりこと私にとって「ど根性ガエル=ソルマック胃腸薬」ですよ!
本を読め読めとは言われてきましたが、
昭和の漫画も積極的に読ませるべきではないか、と真剣に思います
だいたいこれらの作者・作品名を一発変換できないパソコンも駄目駄目ですな

興味深い一文がありましたので載せておきます
岡本三司(元週刊少年チャンピオン編集長)
「テーマ主義の手塚先生の作品は今でも売れ続けています。
でも、山上先生や鴨川先生のキャラクター主義の作品は、
あの時代一回きりの凄い熱気でした」

(当時の作品群
手塚治虫「ブラックジャック」
山上たつひこ「がきデカ」
鴨川つばめ「マカロニほうれん荘」)

興味をもたれた方は週刊文春1月3日・10日新年特大号をどうぞご購入下さいませ
1週間前にでたものなのでもう置いてないかもしれませんが・・・・・・

本日はこれでノシ
[PR]
by go_tiaraway | 2008-01-10 00:00 | 駄文
line

構成を練るとは            キャラクターの性格を創ることだ  (By外国の偉い作家)


by go_tiaraway
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31